忍者ブログ
PBW、シルバーレインのPC、鬼頭菫のブログ。興味の無い方は回れ右。Cの知り合いの方はご自由にリンクどうぞ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ご存知ですか?」病院で隣に腰掛けた青年は、世間話が丁度途切れた頃に僕にそう問いかけた。眼鏡をかけた温和そうな青年だ。小春日和の天候、窓から柔らかく差し込む木漏れ日に彩られた彼に、僕は何をですかと問い返す。彼は秘密の悪戯を打ち明ける子供の様にどこかうきうきした調子で、それでも声を潜めて囁いた。「水星人ですよ。彼らはもう、地球に沢山いるんです」僕は彼を見返す。眼鏡の下には人の良さそうな笑顔がある。「ああ、ごめんなさい、いきなりじゃ信じられませんよね」僕は、ええまあと否定とも肯定ともつかない相槌を打った。彼は顔を少し近づけてくる。「実はですね、皆が信じないのにも理由があるんですよ」何ですか、と僕は聞いた。「水星人には目的がある。――ああ、今何を想像されましたか? 地球征服とか人類抹殺とかではないですか? そんな物騒な目的じゃないんですよ。彼らは野蛮ではない、そんな事はしない」野蛮で申し訳ない、とふざけて返すと彼は恐縮したようだった。「すみません、あなたを馬鹿にしたかった訳じゃないんです。ですが私らが咄嗟に想像するのはそんな理由でしょう? つまり私らは全体的にまだまだ野蛮なんですよ、彼らの足元にも及ばない」僕は問う。そんな野蛮な種の所に、彼らは何をしにきているのかと。彼は顔を輝かせた。「勿論、私らを教化するためです。もっとレベルを引き上げるためですよ」何でそんな事をするのですか、と僕は質問を続けた。彼は嫌がりもせずに話してくれる。「それは当然、仲間として生きていくためですよ。考えてもみて下さい、動物愛護とか博愛とかを抜きにして、仲間として横に立つのはサルよりも人間がいい、と思うのは極自然なことです。いいですか、彼らはもう何度も地球に訪れている。その度に私ら人間に有益な知恵を授けてくれるのです。今まではその度に遠くから見守る方針でしたが、いよいよ本腰を入れ始めたんです。私らが教化するに値するレベルに近付いた、と」だから沢山地球にいる、ということですね、と返すと、彼は僕がさっきの言葉を覚えていたのが心底嬉しかった様子で、そうですそうですと何度も頷いた。しかし、僕がそれでは何故、彼らは自分の正体と目的を明かさないのですか、と聞くと途端に悲しそうな顔になった。元々が人の良さそうな作りだから僕が悪いことをした気分になる。「それはですね、先程の話がそっくり理由です。もし彼らが目的を素直に告げた所で、信じる人がどれだけいますか? そんな事を言って攻撃を仕掛けてくるつもりだろう、と襲ってくる危険性が、残念ながら今の状態では高い。あくまでも教化するレベルに『近付いた』だけで到達はしていない。それは良くない。だから彼らは辛抱強く待ってるんです、『その時』を、自分たちの存在を声高に告げられる日を。だから、それまでは秘密なんです」なるほど、と僕は頷く。それじゃあ、どうしてあなたはその事を知ってるんですか、と聞いた。彼は自分の胸を軽く叩く。少々誇らしげに。「彼らは『理解して受け入れる器がある』と認定した者にだけ、今の所は真実を教えているんです。その数は残念ながら今だ少ない。私は幸運にもその一人だった、ということです。だから私は彼らの存在と目的を知っているし、彼らを助けもする」僕が見返りはあるのですか、と聞くと、彼は少しだけ残念そうな表情を浮かべた。「彼らは今のところ、見返りなど無しに行動しています。それは当然、私らと仲間となりたいという欲求はありますが――それは純粋な愛だ。私たちとともに歩みたい、という純粋さだ。私らで言うところの人類愛です。――いえ、彼らは種が違うのだから、もっと広く深い愛になるのでしょう。だから私もそれに打たれて協力しているのです」少し矛先を逸らして、助けるとは何をするのですか、と尋ねる僕を彼は指差した。「こんな風に、『信頼に足る』と感じた相手にこの話をするんですよ。その人間に器があれば、すんなり受け入れてくれます。もし見立て違いなら――彼らがこっそり世界中に流している音波で忘れさせてしまうんです。見立て自体も慎重にやらなければいけないのは勿論ですけどね、彼らと比べれば協力者である私らが未熟であることなんて、彼らだって百も承知ですから。信用していないわけではなく、信頼しているからこそサポートもしっかり行ってくれているんです。実際私が早計にも誤ってこの話をし、笑い飛ばした人間は――私の見る限りではすっかり忘れている様子でした。彼らのお陰ですよ」満足そうに彼は頷いた。目元に笑い皺が出来ている。そこで彼は僕を見上げるようにした。「どうです? ……あなたも、これは私の嘘だと思いますか?」僕は少し考えて、いや、嘘だとは思わない、と返した。彼は目を輝かせた。「良かった、私の見立て違いではなかったのですね――いや、正直な話、誤りが続いていて自信を失くしかけていたんです。彼らは決して私らを見捨てない。けれども私らの方はまだ全く彼らを受け入れる準備ができないのではないかと。ですが、彼らはやはり正しかった! 僅かでも疑った自分が恥ずかしいです。……ほら、今ならあなたも分かるでしょう?」彼はこっそり、窓の外を歩く老人を指差した。紅葉を眺める姿は何も変哲は無い。「彼も水星人ですよ。彼らは擬態も完璧に出来るんです。街中に行けばもう分かるようになってますよ――この話を受け入れる器のある人間には、道行く人のどれだけが彼らであるか、彼らの仲間であるか、見れば分かるんです! 繋がりあう者の波動を感じるんですよ!」興奮した様子で捲くし立てる彼の名と思しきものを、看護士が呼んだ。それは大声を諌めるものではなく、診察の順番を告げるものだったらしい。彼はにこにこと嬉しそうに笑いながら顔を向けた。「今度は先生にこの話をしないと。あの先生もいい人だから、きっと分かってくれるでしょう」僕は頑張って下さい、と声を掛けた。彼が立ち上がり、僕は横に掛かった鏡で自らを見る。――眼鏡を掛けた、温和そうな青年がそこにいた。他には誰もいなかった。

         (――いつかの事)


さて五月!
子供の日とか端午の節句とかだけどやっぱり関係ない私!

しかしアパートの花壇には小さい鯉のぼりあったけどね!
あれって魚の干物作ってるように見えるよね、
ってアルヘキア愛読者の友人が言ってた!
巨大魚、黄土の姓を捕まえた時は三日三晩晒すんだってさ。
まあ鯉のぼりの元が何なのか菫ちゃんは知らないんだけどね!

それとまた栃木で新しいGTだね!
出てくる人から聞いた通り、メインよりだいぶ楽!
ああいや、スイッチ押したのに板取り忘れてボス手前で引き返したりしたけど!
上と地下行っちゃったから次何だろうね、別棟?

……にしても究極のゴーストねぇ。
見た感じそんな雰囲気でも無いんだけどね、まあ途中だったのかな!
とりあえず出て来る時眩しいから物理的に!
体力は少ないみたいだから、そんなに辛くは無いかな!

とか言ってたら追撃で420くらい出されて死に掛けました。

何で相手が出してくる追撃ってやたら決まるんだろうね!
私のブラストヴォイスとかなかなか通んないんだけど!

帰り道電車から見たら田んぼの中に凄い大きい鯉のぼり見えたんだけど、ああいうのってどうやって立ててるんだろう!
まあ、私立てる事無いだろうから気にするまでもないって言えばそうなんだけどさ!
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [114] [115] [113
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/24 (中身)]
[03/02 鬼頭菫]
[02/28 神風・忍]
[02/23 鬼頭菫]
[02/15 吊下骸]
プロフィール
HN:
鬼頭・菫(おにがしら・すみれ)
性別:
男性
職業:
学生
カウンター
忍者ブログ [PR]